Jonc_Parfait_intérieur.png

ここでは、私たちのブランドとその作成者についてあなたが自問するかもしれないすべての質問に答えようとしました。すべてにもかかわらず、まだいくつかある場合は、遠慮なくご連絡ください。

これに加えて、あなたはそれについてもっと知る必要があるでしょう。

ORNER、それはなんですか?

1998年にパリで誕生したフランスのジュエリーブランドです(もちろん20年以上の経験があります!)日本人の大森博子さん(<写真参照)。

母国でファッションを学んだ後、彼女はパリを発見するようになり、あることが別のことにつながり、そこに定住し、スタイルのアドバイスを行い、マレ地区の元ジュエリー工場で製造し、その後自分のブランドを立ち上げました。

最初の10年間、トレードショーに参加することで、彼女は毎シーズン作品を委託するフランスおよび国際的な小売業者に知られるようになりました。それから彼自身のパリのブティックを開き、彼があなたを受け入れる理想的な環境をデザインできるようにしました。

 

ORNER、それはどういう意味ですか?

ほとんどのクライアントと同じように、そして今もそうですが、あなたは確かにORNE'U'Rをわずかなアングロサクソン語のアクセントで発音しますが、実際には、不定詞で非常に単純にORNÉです。ヒロコはこの動詞を選んで、宝石の主な機能、つまり体を飾る機能を定義しました。

これに加えて、あなたはそれについてもっと知る必要があります。

そして、ブランドに付随するこのロゴは?

それは太陽十字であり、彼を含む多くの文化の祖先のシンボルです。水平性、垂直性、そしてその周りの円は、調和を象徴しています。私たちはすべての作品にそれを真正性の証明書として刻印します。

もう1つの小さな特徴であるダイヤモンドは、925シルバージュエリーに貼付されており、原材料の品質を保証する州によって発行されたマスターマークです(<写真を参照)。

 

ORNERジュエリー、それは誰のためですか?

ヒロコは、特定の顧客、年齢層、性別、または人々のカテゴリーを対象とはしていません。彼女はむしろ、自分が着たいものや他の人に見られるものに応じて宝石を考えます。それは、彼女の外見を洗練するために交差する女性や男性に欠けていることがあります。宝石は繊細で優雅に照らされます。

 

ORNERスタイル?

ひろ子は常に繊細さと頑強さを組み合わせ、これらの2つのエネルギーを1つのピースに統合し、飲酒と力のバランスを追求したいと考えています。

パリのブティックがオープンしてから6年が経ちましたが、彼女が自分の作品を理解し、修正し、豊かにし、完成させるために最も学んだのは、あなたの目、言葉、ジュエリーの着方です。 。今日私たちが華やかなスタイルとして定義できるその美学。

これに加えて、あなたはそれについてもっと知る必要があります。

「Télérama」でもう少し読む